mamaは卒業

アクセスカウンタ

zoom RSS わが家の歴史

<<   作成日時 : 2010/04/12 13:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 22

3夜連続で放送されていたドラマ「わが家の歴史」

三谷幸喜の脚本は現実と非現実を塩梅良く交差させて

飽きさせない物語を完結させていたと思う

随所に実在の著名人を登場させて

家族に接触させているのもなかなか面白かった

主人公の息子(私と同年代)を語り手としているが

一家の昔からの知り合い「つるちゃん」(大泉洋)を

時代時代のニュースに必ず関わらせる人物として

登場させているのも上手く、また役者も巧かった

昔は主人公のような「内縁だけれどほぼ正妻」という立場の女性も多かったのだろうか

政子は恵まれていた方だと思う

鬼塚大造の愛は本物だったし自身も強さと優しさがあった

正妻の気持ちを思いやれる優しさとどん底でも折れない芯の強さ

語り手のみのるは現在五〇代半ばになっている筈だが

「愛人の子」としてどんな人生を送ってきたのか

想像してみるのもいいかもしれない

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
私も3夜連続で見てしまいました、
最近のドラマに無い面白さが有りましたね〜
次々と迷惑や心配を掛ける家族に一度もいやな顔も
せず自分の思い描いていた光景が家族が集って笑っている
この光景だったと彼女は言ってましたね。
時代を追って次々と有名人が出て来て全部それが
あの家に絡んで来て飽きさせなかったです。
今のドラマももう少しストーリーを練るかそれとも
それを上回る演出が有るともう少し楽しめるのだけど♪〜

2010/04/12 17:44
紫しゃん
三谷幸喜はいいです。現実の中の虚実を上手く娯楽作品として活かしていますね。強さも優しさも可愛さもある、こんな女性は理想です。美人すぎるけどね^^。弟のお嫁さんのマリアも良かったね〜。
最近見たいドラマがなくなって久しぶりに3日続けてTVを見ました。
リサ
2010/04/12 18:13
私は1夜目見逃して
2夜目から見ました。
柴崎コウは、すきな女優さん、
彼女良かったですよね。
実在の人物や 影像が織り込まれていて、
引き込まれました。
くれよん
2010/04/12 20:55
くれよんさん
一夜目見逃しちゃいましたか!再放送があったら是非見てくださいね。
柴崎さん、笑顔も泣き顔もステキでした。
時代背景がよくわかって引き込まれましたよね
リサ
2010/04/12 21:58
私も、2夜連続で見てたよん(*^^)v
さすが三谷幸喜! 一つ間違えば、暗くなったり重い話しになったりするのに、最後まで飽きずに面白かったよね〜
本妻、2号、3号、それぞれの立場の人が知り合いにいるけど、立場をわきまえた賢い人が、素敵な女性だと思うな〜
この頃は変な女が多いから、大きな事件になったりすることも多いけど、そんな女にしてしまうのは男が悪いからって思うのは女の勝手な意見かな〜(^_^;)
良い男って、愛人がいても、ちゃんと線引きして、けじめをつけてるような気がするよ
ところで、チェケラッチョ・・やっとルールを理解したと思ったら、岡田君がトロフィー持ってたよ(≧m≦)ぷっ!
うえどん
2010/04/13 01:24
あ、↑3夜連続の間違い
うー
2010/04/13 01:26
私は2夜目は最後の30分くらいしか観られませんでした。(残念)
最終話は観ることができたので、まあ・・・ほぼ満足です。

そうですねぇ。愛人(あの時代はお妾さん??)になるのも、それなりの品格が必要かもしれませんね。
ふと、(なんの脈絡がある訳ではありませんけれど)向田邦子の「阿修羅のごとく」の本妻とお妾さん(長女)の対面場面を思い浮かべてしまいました。(あれは面白かったです。)
ライムの香り
2010/04/13 14:23
最初のは見たのですが、二話と三話はビデオ(本当はHD)に撮ってあってまだ見てないの。
昭和って、私はまさに昭和の子なので、こういうのはよく分ります。
中々面白かったですよね。
らんじゅ
2010/04/13 20:32
うーちゃん
うんうん、2夜じゃなくて全部見たんだね^^。
知り合いに3号さんまでいるの?スゴいな。微妙な立場だから賢い人でないと後々苦労しそう。。男の人もそれなりの人じゃないとね。鬼塚のようなね。天海祐希の正妻さんも傷ついてると思った。
アハハ、前記事見てくれたのね♪今度会った時にやろうね。「うーから始まるリズムに合わせて♪・・うーチェケ!」
リサ
2010/04/14 12:23
うーちゃん
あ、間違えた「リサから始まる・・」だった
リサ
2010/04/14 12:24
ライムの香りさん
「阿修羅のごとく」は長女を大竹しのぶさんがやったのですか?あのシーン、面白かったですね。お妾さんを持つ男の人の性格にも寄るんですね、正妻さんとお妾さんの関係。
リサ
2010/04/14 12:30
らんじゅさん
もう、全部ご覧になりましたか?語り手のみのるくんの幼少時代は加藤清史郎くんの本当の弟さんだそうで、似てるな〜、と思っていたので納得です。
ウェンツの丸山明宏にも笑ってしまいました。
リサ
2010/04/14 12:33
私も観ました。録画しておいて、ちょっと遅れて観たんですけど。面白かったですね。時代がちょうど自分と重なりますから。ああ、私が生まれる前は、こんなだったんだ〜、ここで生まれたぞ、ああ、この年に小学校だ〜などと言いながら観ていました。つるちゃんの登場が、三谷さんらしくて面白かったし、暗くなりがちなテーマを明るくしてくれたところもあるし、さすがです! 
リアルに似ている有名人のソックリが、あの家に集まっている様子がまたおもしろかったですね。ちょこっとだけでも名の知れた人たちがたくさん出ていたでしょ。ギャラってどうなの〜?なんて、余計な心配までしちゃいました。
yu_mama
2010/04/16 11:42
yu_mamaさん
私は何故か録画せずに3晩続けてリアルタイムで見ました。
本妻さんが有名人が集合しているのを見て目を丸くしてるのが可笑しかったですね。演じた人達も役を楽しんでいたように思えます。私が役者なら三谷作品ならノーギャラでも出たいです(笑)。
リサ
2010/04/16 12:27
やっと全部見ました。
中島みゆきの時代と言う歌が頭の中でずっと鳴っています。
ちょっとサービス精神旺盛な部分が多かったですし、一之瀬ゆかりの人生にちょっと疑問がありますが(だって東大なら腐っても鯛でしょうが)総じて面白かったですね。
清四郎君の弟なんですね、おとなしそうな子ですね。
やはり昭和っていい!!!
らんじゅ
2010/04/16 20:11
クランクアップ、おめでとうございま〜す
公開が楽しみだね〜
1回は、リサちゃんを探して、2回目は、ゆっくり観賞して・・2回見ないといけないね(*^m^*) ムフッ
うー
2010/04/17 02:31
らんじゅさん
「そんな時代もあったねと〜♪」と歌いたくなりますね^^。
私も、あのゆかりさんだけは設定がありえなくて、好きになれませんでした。お嬢様の時も転落しても、あそこまで落ちなくても・・ね。
弟くんも子役になるんですかね〜。
リサ
2010/04/17 07:25
うーちゃん
ありがとう!
私も一回目は自分を探してみる(笑)。左肩くらいは映るかな。。。どうかな?
私は多分10回は見るよ!
リサ
2010/04/17 07:28
三谷幸喜さんは、映画よりテレビのほうがいいかな。
役者もすごい人が揃ってましたからね。
ドラマって、何故か昭和がにアウト思いません?
Pochi
2010/04/18 21:56
Pochiさん
そう?映画も好きな作品多いですよ^^。
「ゲゲゲの女房」も「三丁目の夕日」も昭和の時代が大流行ですね。50年後は今の時代がレトロになるんですかね〜?いないけどね、その時は。
リサ
2010/04/19 01:02
3夜録画して、2夜目まで観ました。三谷さんのドラマ大好きです。大好きなのにまだ3夜目観てませ〜ん。
昭和の有名人を演じてる人が、みんな主役級の役者さんで、ちょこっと出演してるとこが面白かったな。役者さんの使い方もいいよね。
はやく3夜目、観なくっちゃ♪
ケセラセラ子
2010/04/19 15:03
セラ子ちゃん
もう3夜目、観たかな〜。
最後は大磯も出てきて何だか本当に自分の歴史もシンクロする〜。
豪華なキャスティングだったわねえ
リサ
2010/04/21 14:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
わが家の歴史 mamaは卒業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる