mamaは卒業

アクセスカウンタ

zoom RSS エコロジーって何ですか

<<   作成日時 : 2008/11/11 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11月10日のGROWING REEDは「エコロジーって何ですか」

ゲストは工学者の武田 邦彦氏

自署に「偽善エコロジー」という本も出してる方で

まあ、バッサバッサと現在環境庁が提唱しているエコについて切りまくってます

え?そうなの?と目から鱗の発言も多々あり。

リサイクルも躍起になる必要はないし、温暖化予防もしなくていい、

このままだと100年後に温暖化で南極の氷が溶ける、なんてのは

科学者がウソを言ってるんだと・・(自分も科学者だけれども)

岡田君あっはは!と笑ってます

100年前、ロンドンでは馬車が増えてこのままでは道に

馬糞があふれて車輪が滑って事故が増える、という環境問題が起きたが車が発明されて

その心配も稀有に終わった、電線が多くなって銅がなくなると

言われたけれども携帯電話が普及した、

心配している今の現状がずっと続く訳ではない

岡田「人間の力なめんなよ、って事ですね」

武田「もちろんです」

生ゴミもトレーやペットボトル混ぜた方が良く燃える、と。

リサイクルした方がいいのは貴金属、それからアルミ

躍起にならなくていい、若い人は我慢しないでやりたいようにやればいい

(冷房も28度に設定しなくていい、自動車乗りたければ自由に乗ればいい)

若い人は夢を持ってあまり心配しないで自分の心を満足させてほしい

我慢するのは我々年寄りがするから

エコに大切なのは自分の心を満足させる事

(ここでローリングストーンズのサティスファクションがかかります)

岡田「でもあれじゃないですか、日本みたいな先進国が前のめりに

温暖化止めようよ、って姿勢が大切じゃないですか」

武田「そんなの全然大切じゃないですよ!」

岡田「うひゃひゃ、大切じゃないですか・・・

   先生は・・あれですね〜、大変な道進まれてますね〜」

武田「民主主義ですからね、何言ってもいいんですよ。

    エコを真剣に考えてる人は私の話聞いてくれれば大体わかってくれます」


最後に一番大切な事は「愛する物に囲まれた生活をする」と言う事

愛用品は大切にするし簡単に捨てない、そうすると自然に質素な生活になる

それは節約した「質素」ではない、これが結果としてエコロジーとなる


なるほど〜・・・

対談を終えて・・・岡田「パキパキ気持ちがいい感じですね、話聞いてるとね・・・

人間守りに入っちゃ終わるんだよ、お前ら攻めてけ、攻めてけ、ワッハハハ!

って面白かったですね。 お金が絡んだエコもあるのでピュアな気持ちで

ちょっと考えてみようかな、って感じがいいのかもしれませんね」

(先生はそれさえも考えないでいい、って感じでしたけど)


さて、ここまで読んでくださったV6ファンの皆様に朗報です


「嫁でもV6好きで悪いかの会(YVW)」広報担当(また勝手に・・・)

みんのさん情報夏のコンサートのDVDの発売が12月10日に決定!

わ〜い、わ〜いO(≧▽≦)O ワーイ♪楽しみ、楽しみWISH!(これみんのさんのパクリ)









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
エコロジーって何ですか mamaは卒業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる