mamaは卒業

アクセスカウンタ

zoom RSS 父親不在

<<   作成日時 : 2008/05/13 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 31

画像


今週の「Growing reed」は「父親の役割って何ですか」がテーマで

NPO法人「ファザーリングジャパン」代表の安藤哲也氏がゲストでした

安藤氏は出版業界出身で現在3人の子供の父親であり

子供の小学校のPTA会長をしながら

地域や家庭における父親の存在感を

高めていこう、子育ての楽しさを父親ももっと知ろうと

活動されてるようです

ウチの子供達のPTA会長さんも歴代男性で

お飾りでなく熱心にPTA活動にも力を入れて下さってましたが

大学教授や公務員や自営の方ばかりで

比較的時間をそういう活動に割ける方でないと会長職は無理ですね

しかし、この方達の奥様はどなたも活動に消極的だったのが不思議・・・いや、わかる(-_-;)

ここのブログのお父さん達は皆さん子育てにも

参加されてたいいお父さんばかりですが

サラリーマン、企業戦士のパパさん達は

帰っても子供の寝顔しか見られないなんて方も多いと思います

うちは子供が幼稚園までは夫の休みが平日だったし

色々な所へ出かけたりお父さんとの接触も多かった方かな

小学校卒業までもこちらにいたので父親不在はその後ですな

PTAは私が一手に引き受けてました(引き受けすぎました)

そう言えば長男が中学の頃プチ反抗期で

反抗的な態度を取っていた頃、夫にその話をすると

「よし、○○、お父さんと走ろう!」と

夜嫌がる息子を無理矢理外に連れ出した事がありました

夫としては走りながら話し合いでもして

親父の威厳でも示したかったのでしょうが

走り出したらバスケ部で走りこんでいる息子に

タァーっと抜かれてその後姿を必死で追いかける有様

息子は帰ってサッサと自室に篭り夫は息切れしながら

「すごいな〜、○○は」と感心するばかりでしたが

不思議とそれから長男の態度が少し治まってきたんです

父親と自分の力関係が微妙に逆転して来た事に気付いて

子供っぽい反抗心が消滅したのかな


今回岡田君は珍しくプライベートな話をしてました

自分は小さい頃から父親が家庭にいなかったので

10代の頃から自分なりの父親像をすごく考えていた、と

子供が出来たら死ぬほど一緒にいてやりたい、

うるさがれるくらいそばにいたいんですって

でも、現在自分の周りの家庭を持ってる知り合いに

いい家庭感がない、みんな家に帰りたがっていない(笑)と

そんな人達を家庭に戻すことは可能ですかと

真剣に心配して安藤氏に質問していたのが印象的でした

また、14歳で東京に出て来たのでそれ以来家族との

会話がほとんどない、今でも3ヶ月に1回くらいしか

母親と電話で話さない、と(ウチよりしてるじゃないですか!)

近いうちに家族との海外旅行を考えてるんです、って・・・

いや〜ん、羨ましい〜   


ここまでは今日の午前中に書いた記事

今日午後は二子玉川に行きました

夜は娘のアパートに直接行きたかったので

そこで大分時間を潰さなければなりません

二子玉川にはお友達もいるのですが

「ヒマだったらお茶しない?」とメールしましたが返事はありませんでした

彼女は今心が少し風邪を引いているのです

だから返事がなくてもいいんです

ただ「そばにいるよ」と時々伝えればね・・・

で、お腹が少しすいたので一人でマックでも入ろうかな〜と

思ったですが高島屋の地下の食料品売り場で

讃岐うどんと出し巻き卵の試食をしたら空腹がやや紛れて

後はローズガーデンをプラプラ、紀伊国屋書店で立ち読みなどして

時間を潰しました

画像
画像


    娘のアパートのそばの猫

画像


なんか今日はとりとめのない話ですいません


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(31件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとだ〜
いつものリサちゃんと違う。。。
でも、リサちゃんだー

父親ねー
難しいよね。
うちも今 幸せですが、反抗した時期もありましたよ。。
ってゆうか、しょうもないこなのに。。
息子とパパさんが殴りあいになりましたよ。。
私は止めに入るし 娘は泣くし。。。
そんなこともあったですよ、、(家庭崩壊かと思いましたよ)
でも、次の日 、2人 ケロットしてたから不思議。。
でも、今 いい子だもん。。
語ると長くなるからおしまい!!
今までは。。ほとんど私が育てたと言っても過言ではない。。

でも、PCに夢中の今、、、娘とパパの会話が増えてます。(これいいこと?)
娘は 「絶対、、パパ 私のことすごく好きやでー」って最近言います。
息子が久々に帰ってくると、パパはすごく機嫌がいいです。
まっ。これからが、我が家は、父親と子供達の時間かな?なんてね。。


hiro
2008/05/13 22:49
hiroちゃん
hiroちゃんは何の苦労もなくお嬢様のままでここまできたみたいな感じだけど、やっぱり色々あったんだよね〜。結婚20数年経つとどこの家庭も事件はあるよね。
hiro
ちゃんがパソやるお陰で娘さんとパパの距離が縮まるのはいい事だよ^^。あと数年したらお嫁に行っちゃうかもだからパパもいっぱい娘と会話しなくちゃね。パパさんは自分の家族が集まるのがとっても嬉しそうだね。家庭的な人なんだね。

オチのないブログにコメントありがとうね^^。
リサ
2008/05/13 22:59
今回の文章について色々書こうと思ったが、父親像を語るには自分のブログで書いた方がいいなあと思いまして、ここで書くことやめます。

リサさんのご主人は息子さんにとっては、いい父親だと思うで。
無理矢理やけど連れだして一緒に走った父親、そこから父の姿をしっかり目に焼き付けた息子さん、仕事にも家族のことも一生懸命考えている姿がわかったんでしょう。
ええ話ですよ。

岡田君の話はパス(笑)
他の人に任せます
風の旅人
2008/05/13 23:02
リサちゃん♪
みんなそれぞれいろいろあるよ。
ないって言ったら絶対うそ。
ブログで気楽な事言ってるのは気分転換。
現実は甘くないよ。まあ健康であればナントカなるって言う考えなんだ。でもマジでそうだよ。
上も見てもキリがない。下見て生きてるわけじゃないけど健康さえあれば大丈夫。
でも人間って勝手だからなあ。
私も理想はあるけど当分は今の生活かな。
私は超親しい身内で金銭のことで疎遠になった。
ものすごく泣いた。でもどうすることも出来ない自分が腹ただしい。それで情緒不安定になって
今も後遺症ある。考えると頭痛くて吐きそうになるの。お金は人の心を変える。
なんか横道それちゃった。ゴミン。
何の話だっけ?いつもスンマソン。
相変わらずの支離滅裂コメント。♪
ソナチネ
2008/05/13 23:22
風さん
風さんの父親感を是非聞かせて。いつか記事にしてね。
ちょっとショボかったけど一応子供と向き合う父親をしてくれました。高校になってからは殆ど群馬で、そこからうちは母子家庭並みだけどね。いい友達がいたから道ははずしませんでした。ん?今ちょっと外れてるか。。(-_-;)ハタチ過ぎたら自分で生きてきなさい。
岡田くんの話パスしていいよ〜^^。これからもいっぱい話すから(ノ∇≦、)ノ彡☆
リサ
2008/05/13 23:35
ソナちゃん
ブログも2年目に入ったから独り言みたいな記事が多くなった。コメントもしづらいよね。でも皆色々あるのよね。自分のブログで書けない事もコメントで話せたり・・
なんだか私も支離滅裂・・健康と正しい心があればいい・・なんのこっちゃ?
リサ
2008/05/13 23:40
我が家も、この10数年、ほとんど父親不在。単身赴任の時期もあったし。
私は仕事しながら、役員7つもして、バレーボールして、子供の送り迎えして、家事全部して…なんて時期もありました。
アンタは、給料だけ持って来りゃそれでいいわ。あたしが母親も父親も全部やる!みたいな…サイテーな時期。ダンナはほとんど父親放棄してました。それでも子供がフツーに育ったのは、私のおかげじゃ〜!と今でも思っています。
父親らしくあろうという姿勢があっただけでも、いいよ〜。
何だか、何が言いたいか分らなくなっちゃった(@Д@; ゴメンナちゃい。
マミー
2008/05/14 00:10
ウチの父も、入退院の繰り返しで、ほとんど父親不在で、3兄弟は育ったから、兄達は、それぞれの父親像を想像しながら、自分の子供を育ててるのが、わかる時があります。
う〜ん、想像じゃないな・・今はいない父の後姿を、手本にしたり、反面教師にしたりしてる気がするよ。
そうそう、正しい心があれば、それが一番だね(*^m^*) ムフッ
悲しいとき、つらいとき、そっと見守ってくれる友達は、大切だよね。
自分の事を分かってくれる友達が、1人いたら、宝物。大勢いいたら、財産だよ。
リサちゃんの優しい気持ち、お返事しなくても、わかってくれて、感謝してると思うよ(*^_^*)
あ、ニャンコの面白い写真があるよ〜(≧m≦)ぷっ!
うえどん
2008/05/14 00:35
リサちゃん、皆様、こんばんは。
明日は、雨後曇りのようです。
少し暖かく成るようですよ。
「人は、考える葦である」BYパスカル。
PTA(保護者と先生の会)は、GHQ
の申し入れによって設立された組織です。
個人的には、少し古い感じがします。
夫婦の間に、子供が生まれて初めて
親になります。日本は、子育てに
対しての考え方が欧米と較べて
少し変わっています。欧米では、
子育てが楽しいと思っている
親は、70%。逆に日本では、
30%を切ります。
多くの意見は、仕方が無い、
皆がしているからという
消極的なものです。
またパパさん達の仕事が
忙しいのか、家庭に帰りたく
無いのか、殆ど8:00PM
前に帰宅しませんね。
殆どの家庭が、仮性母子家庭に
なっています。
責めてパパさんが、7:00pm頃
帰宅出来れば少子化にも
歯止めが掛かるかもねぇ(笑
子供の基本的な性格は、育った
環境からの影響が強いと考える
今日このごろですね。

最近、二子玉に行ってないなぁ〜。
何か面白いお店が、オープンし
ましたか?
マーサ
2008/05/14 01:11
マミーちゃん
そうか、そうか。マミーちゃんにもそんな時があったのね〜。家族を養う為に社会で揉まれるお父さんも大変だけどさ、やっぱり理想は二人で子育てしたいよね、でも殆ど一人でやってるとたまに
口出しされるとカチンと来たりね。「普段何もしないくせに黙っとれρ(`D´#)」みたいな。
みんなのコメントが本心で言ってくれてて有難い。。(T_T) でももう寝る。。。
リサ
2008/05/14 01:21
うーちゃん
うーちゃんのお父さんの記事はウルウルした。お父さん病院にいる事が多くても沢山の人に思い出残してくれたんだもん。お兄さん達も見習ってると思うな。
猫ちゃん、見たよ〜(≧m≦)ぷっ!癒された〜
リサ
2008/05/14 01:24
ラジオでも北欧の父親の育児休暇の話とかジョン・レノンが3年間仕事をしないで育児に専念した話とかしてましたよ。
8時前にお父さんが帰ってくる、なんてうちは一回もありませんでした。それが普通になったら世の中(日本の)随分変わると思いますよ。
 ニコタマの駅周辺今大工事で駅前はバラックで店出してる感じです。横浜銀行探して随分歩いちゃいました。工事終わったら様変わりしますよ〜!!
リサ
2008/05/14 01:29

マーサさん
リサ
2008/05/14 01:30
息子って父親に一種の嫌悪感を持つのかしら。
息子と夫は似たもの親子です。
乙女座同士で顔も似ているし 干支も同じ。
コピーのようなのに なぜか父親に反発する息子。
表立っては口答えとか反抗はしないので 夫は気付いていません。
でも 私と娘は知っている。。。
これもなかなか複雑ですよよん^^
ばんび
2008/05/14 08:43
ばんびちゃん
男の子と父親の関係はとっても微妙ですよね。
遠慮があるっていうか・・・年と共になくなっていくんでしょうけどね。。夫もそんな感じ。。。
リサ
2008/05/14 10:03
リサさん、こんにちわ!
父親の役割って難しいですね。
主人と子供は、離れてる時間が長かったので、
私の、見る感じでは、お互いの距離感が掴めてないというか…。二人を見ていると、本音の部分が見えてこないんですよね。
反抗期のころ、殴り合いでもすれば…多少は…
と、思うのですが…。

私は、両親と喧嘩しながら、最後には、泣いて抱き合っていた方ですから…。
長男も、今年で29歳。主人曰く、最近は、物事をよく考えている…なんて言ってますが…
父親に対して、表に出して反抗しなかった子供が…と想像すると、少し心配です。

主人に「親の品格」買ってあげましたが(ちょっと嫌みで)俺には必要ない!と拒否されました。(笑)
私には「継母の品格」が必要かも(笑)

mimi
2008/05/14 11:56
子供が小さい時は地域の野球に入っていて、旦ちゃんはコーチとして子供達に係わっていたかな〜。
中学生になった頃長男君が無口になって、訳わから無かったけど、なんとか戻ったよ。
リサさんちの旦那さんもいつも傍に居るよって無言で示したかったんだね、息子さんもちゃんと理解しているようで良かった^^
私は怖かったらしい、子供は旦ちゃんが頼りみたい♪〜

2008/05/14 12:46
mimiちゃん
似てるよ、うちと。本音の部分が見えてこない所とか。子供が成長して結婚したり父親になったりすると距離は少し縮むかもね。
mimiちゃん。継母の品格充分ありますよ!理想的よ(#^.^#)。
リサ
2008/05/14 12:50
紫しゃん
お友達のお家もリトルチームに所属する息子さんとコーチのお父さん、日曜はいつも一緒で仲良かったよ。だけど息子が野球をやめてラグビーに行ってしまった(-_-;)
お父さんはコーチを続けてたけどね。お父さんがスポーツで関わると濃い関係になるよね。プロの世界も色々あるみたい。
紫しゃんの旦さんは奥様だけじゃなく息子さん達にも優しいんだ〜、ステキ!
リサ
2008/05/14 12:57
うちも毎晩帰りの遅い旦那と子供達のコミニケーションがなかなか上手く行かない時期があったよ。
今は皆それぞれバラバラでなんだかさびしいなぁって思うこともあるけど。。。
やっぱりうちが一番いいなぁって思ってくれればいいや(゚ー゚)(。_。)ウンウン
アマランサス
2008/05/14 19:37
父親と、息子の関係なんて・・・自然に任せていればそれで、いいんです。

無理に「コミュニケーション」取ろう・・とか、考える事ありません。

中学、高校の頃、み〜〜んな大人に反発するんです。 そうやって成長して行くんですから、それが自然です。

うちの息子も、娘も、その頃、全く父親の相手など、してくれませんでしたが・・。

今は、息子と、酒の飲みながら、喋りまくりますし、娘も、孫を、連れて、しょっちゅう、我が家に来ています。

「親の義務」・・を、果たしていさえすれば、子供達は、ちゃあんと、分かってます。

・・・と言うのが、あっしの持論。

お他人様の事は、分かりませんけど・・。
師匠
2008/05/14 21:20
アマランサスさん
アマランサスさんの所も企業戦士、って感じだものね。その分、お母さん頑張ったね^^。
やっぱり時が解決する、って言うか両親がブレない気持ちで普通にしてればいつかは皆まとまって自立しても何かがあれば戻ってくるんだよね。
リサ
2008/05/14 23:39
師匠♪
こんばんわ。師匠のおうちはお父さんの働く姿を毎日お子さん達は見て育ったんでしょう?そこ大事だと思うんですよ。お父さんはいつも家にいないけど外でどんな仕事をしてるのか、って話をしたり見学させたりしたらいいんじゃないかな、って思います。
 父親を反面教師にしか考えられないのはちょっと寂しいもの。。。それとなるべく小さいうちはお父さんと体で触れ合う遊びした方がいいと思うんです。
 諸事情があり、どの家にも言える事ではないけれどね・・
リサ
2008/05/14 23:48
「ニコタマ」って言い方、今回帰省した娘が言ってた。娘もウロウロする界隈らしい。
一緒にかけっこするお父さん、いいなぁ〜
海辺を一緒に走った後、海に向かって、二人並んで立○○ョン・・・ニコタマ
キャ〜!良い話だったのに、ゴメン。思いついたら書かずにおれんかった<(_ _)>
クリン
2008/05/15 06:51
クリンちゃん
(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!!ニコタマのイメージがあ〜〜!!
ニコタマはセレブマダムとお嬢様の街・・時々空気を吸いに行ってハイソ感に浸ってきます。電車で行くところが悲しい(T_T)
 娘さんとすれ違ってたかも〜^^。
リサ
2008/05/15 13:56
深夜にこんばんは=^_^=
社会派リサちゃん登場だね。
うちのダンナ、反抗期の時じゃなかったけど息子達の軽〜いランニングについていけなくて5分位でヘロヘロになって帰ってきた事があったよ。自分が歳とってるってその時自覚したみたい。遅すぎるよね気づくのが ( ̄m ̄*)ププッ
うちは共働きをしてる時は、両親不在って感じだった。でも、私の母が両親の代わりをしてくれて息子達は寂しい思いはしなかったみたい。息子達は世話になったって感謝してるし、一番怖いのもおばあちゃん。厳しい母だったからね。父親不在でも誰か穴埋めをしてくれる人がいればいいと思うんだけど。
ますみ
2008/05/16 00:55
ますみちゃn
そうそう、私もそれをいいたかったの。
お婆ちゃんでもお爺ちゃんでも親戚のおじさんでも従姉弟でも父親の存在がなくても愛してくれる人がいればお母さんも一人で頑張らなくてもいいのだし。
ま、一番言いたかったのは岡田君がいい父親になりそうだな〜、と言う事なんだけど(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪
リサ
2008/05/16 01:34
うちの場合も、子供が小さい頃は、あっしも、疲れていても、出来るだけ、「遊び相手」・・になっていました。
「キャッチボールや、怪獣ごっこ」・・や。
息子とも、娘とも、汗だくになって、遊んであげました。  その事は、今でも覚えている・・と2人共、言いますね。
師匠
2008/05/16 22:13
師匠♪
師匠の今のいいお爺ちゃんぶりを見ても、子供と思いっきり遊んであげた事が想像出来ますよ^^。子供より興奮して楽しんだりして(笑)。
お子さん二人、そんないい思い出があるからきちんと親業出来てるんでしょうね。
リサ
2008/05/17 00:01
リサさん。

長男君のプチ反抗期の話、
読んでてちょっと感動・・・(^_^)

父親の体力が、
実は自分のそれよりかなり劣ることが
少なからずショックだったのかなあ。

自分より少ない体力の父親が・・・、
自分を含め、家族を支えるため
日夜働いて頑張っていることに、
なにかを感じたのかもしれませんね。

それまでだって、感覚では
解っていたかもしれないけど、
この日、現実的な形で
認識してしまったのかな・・・。

青春の日の葛藤のストーリー。
とてもいいお話です。
ありがとうございました (^_^)
Aki
2008/06/18 19:44
Akiさん
稚拙な文章を正しく読み取っていただいてありがとうございます。そう、それが言いたかったんです。体力では負けないけど、家庭を守る父親の背中を見て感じるものがあったのでしょうね。
 こちらこそ、読んで頂いてありがとうございました^^。
リサ
2008/06/18 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
父親不在 mamaは卒業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる