mamaは卒業

アクセスカウンタ

zoom RSS Growing reed

<<   作成日時 : 2008/03/24 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も午前0時にJ−WAVEで准くんのラジオ聞きました

先週は忘れました

毎回著名な文化人や知識人を招いて一つのテーマについて

お話をきき、「考える葦」として成長して行こう、という趣旨なので

内容は硬いですが中々面白いです

多分台本があるんだろうけど難しい話にも自然体で

対談出来てます  最後にゲストが「彼はクレバーな人でした」と

感想を言わされ・・・いえ、本気でそう思っていますよ

番組名を言ったり「今日は○○さんをゲストに○○についてお聞きします!」

と言うところは高目の声でテンションも高いのに

対談が始まるとSPの井上っぽく低音でボソボソ声に

変わるのが私的にはツボです

で、昨日は東大大学院教授の松井孝典氏がゲストで

環境問題について・・だったかな?そんな話しで

面白かったのが、原始、ネアンデルタール人の頃には

「おばあさん」がいなかった、という話

つまりその頃の女性は卵子が古くなって妊娠出来なくなると

自然と寿命で死んで行ったのだそうです

「おじいさん」は子供が作れる限りいたらしい

現世人類は妊娠が不可能になっても

女性は長く生きながらえる・・原因はわからないそうですが

要するに原始はホモサピエンスは完全に動物として

子孫を繁殖させる為だけに存在していたと

現代の人類は繁殖目的だけで生きているのではなく

自分の為、自分が生きる意味を考えながら

生活する、ネアンデルタール人とは全く違う生物に

なっているんですね

声帯も全然違っているので「言葉」という物もなかったようです

あら今日は珍しくコメントしにくい??な記事になってしまいましたわ

私も考える葦になって池のほとりで

ひっそりしてる事だってあるんですのよ・・

じゃ、そろそろ葦に足を生やして

夕飯の支度を始めます 今日はお仕事!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
Growing reed mamaは卒業/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる